戻る


更新草地で発生した問題について


 昨年秋更新した草地で大きな問題が生じています。その原因と対策について、6月20日、関係機関と協議を行い、問題点の原因と今後の更新事業における対策を報告・確認しました。概要は更新草地の問題点の原因と対策をご覧ください。

○2014.8.11 関係機関と今秋に予定されている草地更新について意見交換を行いました。更新時に発生している問題の原因と対策について、現時点の見解をまとめ議論の材料として提案しました。⇒「草地更新で発生している問題と対策」

●10月27日に鹿児島大学で開催された第6回日本暖地畜産学会での講演発表概要を掲載します。  

2013.11.25 「黒ボク土壌草地の更新直後に観察されたオーチャードグラスのリン欠乏症状」を掲載しました。
                     
 昨年更新した草地の7月の状況

   
 弱々しい生長のオーチャードグラス2番草  手で抜けるほど浅い根系

9月の状況(かなり回復が見られる草地もありました。

   
 トールフェスクの割合が増加しています        密なオーチャード群落ができています
 

戻る